世田谷区自転車安全利用推進員 講習会
 定休日の水曜日にちょうど開催された「世田谷区自転車安全利用推進員」の講習会に参加してきました。 6月からの新しい道交法の運用の話も少々おりまぜながら、昨年、同じ推進員として活動された方の具体的な事例紹介されておりました。
 記憶に新しい小学生が加害者となってしまい、被害者はいまだ意識がもろらずにいる自転車事故で9500万円の賠償命令が控訴審でも出されほぼ確定した件では 少年が時速20~30㎞で走行し前方不注意が事故の原因と断定し、事故当時はヘルメット未着用だったことなどを挙げ「指導や注意が功を奏しておらず監督義務を果たしていない」として高額な賠償命令の判決となりました。
 子供の頭を物理的に守るのがヘルメットなのですが、監督義務のシンボリックな事例としてこうして取り上げられると、本末転倒ながらも法的にもヘルメットで子供を守る(もちろん被害者となってしまう方のほうが守られなければならないのですが。)事が必要になりそうです。
 いずれにしても本当に自転車事故の多い昨今。楽しい乗り物だけに今一度、安全に乗るためにできる事を行いたいです。
f0073557_17405603.jpg

[PR]
by narukiya | 2015-06-10 17:41 | 独り言
<< スポークカッター修理中です。 Xtrcycle エッジランナ... >>


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧