昨日の自転車事故の記事。
新聞でフォークが折れて大怪我を負ってしまった方の記事が掲載されていました。3月中旬の夕刊にも同じ事故の記事が小さく出ていたのですが、その時の記事には『サスペンションのバネが折れてフォークが折れた』という内容の原因だけだったので、バネが折れるほど錆びるには相当に水が溜まって、錆びきってしまわなければならないのと、仮にバネが折れてもフォークは抜けないだろう。と思ってましたが、昨日、フォークの構造を聞きまして、確かにバネが錆びると弱ったところで折れて他の条件がそろうとフォークがぬける可能性もありそうです。  日常的に雨ざらしに気をつけること、大雨にあったら、自転車をひっくり返して日陰干し、そして定期的に点検というところから気をつけてみてください。 念のため、フォークを手で抜く方向に引っ張って見るのもよいかと思います。 気になる方はご購入販売店までご相談を。 自転車はボンネットがない車のような状態です。法令点検がない分、気をつけたいものです。
[PR]
by narukiya | 2010-04-07 07:41 | 独り言
<< 11日(日) MTBツーリング... 子供の願いは全部積む >>


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧