人気ブログランキング |
セルフディスカバリー王滝100㎞ ぎりぎり完走できました。
お休みを頂いてお客様と一緒に久しぶりの王滝100㎞に参加してきました。
 目標は『完走』。 普段大して乗れないでおりますので、いろいろなものすべてに頼って臨みました。 試したい機材のテストにもこれ以上ない過酷さです。
 バイクは世界戦でも男子女子共に優勝を勝ち取っているSCOTT 2019 SPRAK900RC。[カーボンフルサス29er]は完全に練習不足のアラフィフ親父を補い労りながら走ってくれます。 下りはもちろん、登りも楽なのです。
 2020も継続モデルです。 ご一緒のKさんもスパーク!
f0073557_08183884.jpg
そして『チーム鳴木屋』でMTBの国内公式戦CJシリーズなども走って頂いている吉元さん。 新設のグラベルクラスの初代王者を狙て、シマノの新型コンポ GRXを積んでPepcyclesをNS-D11仕様で参戦です。 前回シングルスピード部門で1位でしたのでスタートもコールからの先頭から。さすがです。
 そしてPepcyclesの創業者エビネ君も前回3位という事でコールから先頭スタート。本人全くその気がなく、私たちと一緒に先頭からはるか後方200mくらいの所にいたのがさすがです。
f0073557_08321707.jpg
f0073557_08360040.jpg

今年の6月に参加のお客様から災害の影響でコース変更となり、その逆回りなので、楽なはずとの情報が。 おじさんにはうれしい所だったのですが…。
 走ってみると確かに舗装路も増えていて(とはいえ9割はダートかな。)最初に10㎞の登りがあるのでこれが最後にある事を考えれば、ここさえ乗り切れば後は何とかと思えるコース設定。
f0073557_08071560.png
38㎞地点の第一チェックポイントを乗り切れば後は何とかなるさと思っておりましたが、先の台風の影響かコース上の落石、木の枝に葉っぱと往年の王滝をほうふつさせるガレッぷり。 まさしく王滝!!
 
f0073557_08032360.jpg
f0073557_08181530.jpg
写真を撮れたところは止まる事ができた比較的穏やかなところですがそれでもいい感じです。 激しい下りや登りの最中はとても止まる事が出来ませんでした。
2016年の台風が来ている時の開催じでは濁流ととなって、流されそうになった人続出の川も穏やかで澄んでおりました。

f0073557_08180298.jpg

不思議なもので8%や10%の勾配が延々と続くと途中にやってくる5%くらいの所は平地に見えてきます。平地なのにこれしか踏めないと思って、ふとサイコンを見ると勾配が5%。3%だと下りに入ったかと少し錯覚します。
この辺りですでに判断力低下気味です。(^^;)
走っている最中は『楽し苦』よりもまだ登ぼるのか~とかまだ下るのかよ~などどちらかというと『苦』なのですが走り終わると満足感と共に楽しかったと思えるから不思議です。それも木曾の山中の景色や雰囲気がさせることなのでしょう。
f0073557_08022250.jpg
f0073557_08005881.jpg
f0073557_08273396.jpg
f0073557_08270274.jpg
何とかCP3の制限時間ぎりぎり2分前で通過できてその後完走できました。
ご一緒のお客様にはCP1の後に颯爽と抜かれていったのですが、その後ミスコースでの時間ロスからの一コケで、数分間に合わずとの事でした。普段はロードバイクを楽しんでいただいておりますが、夏の白馬でのMTBライドが効いたのか、明らかに下りが早く安定していたので来年はきっと完走となることでしょう。
今回吉元さんはパンクの神に愛されてしまい、6回のパンク。大きくリム打ちしてへこんだリムを手持ちの道具で何とか広げて走りきりました。
リム修正のところで1時間以上かかってしまったというのに7時間台。
早くも来年5月に向けての決意を固めていらっしゃいました。
私は来年9月に向けて老い対策に臨みます!
試した機材のレポートはおいおいに。


by narukiya | 2019-09-17 08:40 | 独り言
<< 店主不在のお知らせ 王滝参戦に伴う臨時休業等のご連... >>


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧